ドーム

スマーティ

スマーティのドーム内側にある『生体専用遠赤外線面状カーボンヒーター』とよばれるカーボンブラック(炭)から発せられる遠赤外線が、心地よくしかも皮膚の深層部にある皮脂腺にまで働きかけて汗を排出させるのです。もともと人体と同じ有機物である炭には、人体の細胞と深い関係が有ることが解っています。もちろん天然の素材ですから、人体には全く害をおよぼすことはありません。

『遠赤外線の効果は距離の二乗に反比例して弱くなる』ことから、近距離で人の波長にフィットした遠赤外線を常に体の中心に照射させる必要が有ります。 スマーティはこのように、最も効率良く遠赤外線を体の芯まで行きわたらせることができるので、皮脂腺など皮膚の深層部に働きかけ、汗とともに排出することができるわけです。

画像の説明

体内のエネルギーを高めることが生命力強化の基本

画像の説明

画像の説明

スマーティでかく汗は普通とは違います!

画像の説明

なんで炭の遠赤外線なの?フジカスマーティがカーボンブラックヒ一夕ーを採用している理由!

25年以上前は、フジカスマーティもセラミックヒーターだったそうなんです。遠赤外線が社会に認識しはじめられたのは、アメリカ航空宇宙局(NASA)がスペースシャトルを初めて飛ば した頃です。宇宙空間での人間の生存のために何が人間に有用かという研究から遠赤外線という概念が発達しました。

  当時は、セラミックや岩、石から遠赤外線が出ることが知られていました。

 遠赤外線の研究が進み、遠赤外線は人体をはじめ様々なものからも出ていることが判りました。その後の研究で人体を安全に効率よく温めるのは、炭(カーボン)が適していることがわかりました。 フジカ・スマーティも最初はセラミックヒーターを搭載していましたが、現在は特許を取得した炭のカーボンブラックヒーターを採用しているのです。

遠赤外線が人体を温める理論

 遠赤外線が人体を温める原理は、遠赤外線という目に見えない波が物質にあたっておこる共鳴現象です。楽器の調律(チューニング)に使用する音叉(おんさ)での共鳴現象の実験を学校時代に見たことのある方々も多いと思いますが、まさにそれなのです。同じ材質の2つの音叉を距離をおいて置き、片方を振動させると離れているのにもう片方も振動し始めます。しかし、材質が違うと固有振動周期が材質によって違うため共鳴はおこりません。

画像の説明

大切なのは皮脂腺からの汗

画像の説明

ダイオキシンや鉛などの有害物質や、コレステロールなどの脂肪分は、水に溶けず、体内脂肪に溶け込んでいます。これらは、皮脂腺からの汗によって排出しなければなりません。このような汗は、通常の入浴やサウナなどではかけません。

炭が細胞と深く共鳴!

炭の遠赤外線面状カーボンブラックエミッターは人体と同じ有機物であるため、細胞と深く共鳴します。このため、皮膚の深層部にある皮脂腺にも直接作用し、濃く汚れた汗とともに有害物質を効率よく排出できるのです。

遠赤外線の効果というのは、距離の二乗に反比例し弱くなります。つまり、照射元からの距離が近ければ近いほど、効果が高いのです。

フジカ・スマーティは、非常に近距離でしかも、人体の波長にピッタリあった5~20ミクロンの遠赤外線を、炭のエミッターから効率よく照射します。この生体専用・炭の遠赤外線は、強力かつマイルドにエネルギーを人体に授与し作用するので、大量に発汗しても疲れません。

画像の説明

画像の説明

ドーム型 代謝排汗浴健康光線浴装置「フジカ スマーティ」のHPより。

左クリックしてください

マップ

加賀整骨院 ご案内

〒921-8011 石川県金沢市入江3-117

北陸自動車道 金沢西インターから車で5分

駐車場7台あり! 大きな地図で見る
お問い合わせご予約

076-214-6561

受付時間

【受付時間】9:00~13:00 15:00~21:00
【定休日】 日曜、祝日、土曜午後

a:3254 t:2 y:5