訳がわかりません(w)

先日、石川県の税理士である〇〇〇〇より起こされていた裁判が結審され、全面的に敗訴してしまいました。「105,000円+遅延利息を支払え」との事。

一昨年に会計業務を頼んでいた税理士であるが、こちらの頼んだことをやっていないために税理士を変更。
その後も請求が来たので銀行からの引き落としを止めた事に対しての裁判です。

別に払わないなんて言ってないけど、納得するまでは保留にしようと思っていただけなのですが。

詳しい内容を述べます。

そもそも、事業を始めた2010年夏頃に、初年度なので自分で確定申告しようと思っていた矢先に、当院へ訪ねてきたのが最初の出会いでした。

「4ヶ月近く営業していないので、申告額は0円のはずだから。また来年以降に。」とこの時は断りましたが、それ以降、毎月ニュースレターをもらっていたので、「使ってやろうかな」と思って契約しました。患者さんに税理士がいたので、ちょっと悪いかな、とも思いましたが。

で、再度連絡があった時に、翌年1月から頼むことにしました。

月額21000円(税込)で、内容は一般的な会計帳簿作成と申告、売掛金の管理、節税対策、税務調査が有った際には料金別払いで対応、という事でした。

その後、〇〇税理士が契約書を持ってきたので、判子を押して、契約しました。

会計帳簿の作成を頼んだにも関わらず、「仕訳を自分でやって、当院のコンピュータに入力していってください。」と言われ、その入力するよう言われたソフトは毎月のレンタルで別途請求されたのにもビックリしましたが、

「余程良い業務をしてくれるのだろう」という期待もあって納得しました。個人的に持っている「弥生会計」というソフトかレセプト会社が扱っているソフトを使いたい、というと、それは自分が使えないから困る、ということでした。

そもそも、私に簿記の知識があるから良いようなものの、こんなの、他の人はどうしてるんでしょうか?

取りあえず〇〇税理士のソフトで打つものの、ソフトの使い方もよくわからず、「使い方がわからなかったら、ソフトにあるHelpを検索して確認してほしい。」というありがたいお言葉。
入力するためにコンピュータも用意させられましたし。

暇を見て、何とか打つものの、月一回見に来ては「もっとちゃんと打ってください。」というだけ。
「わかるまで指導する」そうですが、ソフトの使い方を熟知してる暇など、ありません。

「売掛金を、全て発生主義で入力していってほしい。」との事で、例えば「金沢市」から「○○太郎さん分 ○○円」、「○○花子さん分 ○○円」のように入力していってほしい、そうです。売掛金だけで、毎月400以上の仕訳が必要になります。

このソフト、数か月ごとに更新しないと先に打つことが出来ず、3ヶ月分以上が貯まってしまったので入力を、〇〇税理士に依頼。入力する料金は別途8400円(一時間当たり)だそうです。

院にいてもらうと邪魔なので、資料をコピーして送るから来ないでほしい、と言うと、「お客さんの所で打つのが、うちのやり方です。」と断られました。「あんたの所のやり方なんて、うちには関係ないやろ。」と思いました。

「恐らく一年限りの付き合いだろうな。」とも思いましたが、取りあえず依頼。

その後、21000円の仕事はなくなってしまったのだろうに、その金額は請求され続けました。「恐らく通院するのに要する時間も請求していただろう」と思われる金額でした。
(毎月来ましたが、いつも10時頃にやってきて、ほとんど午前中には帰ってました。)

売掛金の入力は現金主義のようでした。どうして発生主義じゃないの?

まあ、決算の時に問い詰めよう、と思って、何も言いませんでした。

会計年度が終わりそうな12月に、こちらから「経費、もっと使わなくていいのか?」と尋ねると、「そうですね。何か買ってください。」との事。

「もう一か月切ってるのに、どれだけ使えるっつーねん。」とも思いましたが、少し使えました。支払いは翌年になりましたが。

1,2,3月の間、数回来ましたが、決算整理をしていただけなのでしょう。やったところもあるのかもしれませんが、今となっては確認できないので、よくわかりませんが。

その整理中に「今年の売掛金、いくらにしますか?」と言われたのにはビックリ!「あんた、それを頼んでたんじゃないの!」と心の中で叫びました。「駄目だ、こいつ。」と吐き捨てましたが、聞こえてなかったんでしょう。

「来年は池見さんに入力させてください」なんてわけのわからない事を言ってましたっけ。どうでも良かったので空返事しておいて次の税理士事務所を探し出しました。

申告時期も終わりに近づいた頃決算書がFAXで届き、施術中なのでよく見てないのに、電話がかかってきて「時間がないので早く判子を押して返してほしい。」と言うので、「まさか、これで申告が終わることはないだろう」と思ったので、判子を押してFAXしました。

その「まさか」でした。住所が違ってるので、「一応判子は押したけど、住所を訂正してください。」と、わざわざ電話したのに、訂正せずに申告されてたのには驚きでした。

「こいつ、何か恨みでもあるのか」と思いました。

で他の税理士を探そうと、数社の税理士紹介センターに聞くと、「無茶苦茶な税理士ですね。お気の毒です。顧問料も、例え決算時の料金をもらわなくても相場の倍以上です。かなりのベテラン先生ならそれくらいの料金でもわかりますが、免許取得して10年程度なんて。しかも初代とは。」と全ての紹介センターから言われました。

〇〇税理士との顧問を解除後、他の税理士事務所に依頼しました。

その後、〇〇税理士の指示で、コンピュータから会計ソフトを削除しました。(3月末に電話がありました。)

〇〇税理士から送っていた決算書と総勘定元帳を下に、1月からの会計業務を依頼。月21000円で、本来〇〇税理士がやるべきだった事をすべてやってくれています。
1月分はサービスしてくれましたが、2月分、3月分の分は支払いました。当然の事でしょう。

ちゃんと出来ていないにも関わらず、3月までの請求は「決算整理の分」と思って支払いましたが、4月にも請求書が届いたので銀行口座から支払われないように手続きしました。(4月の決済は、3月分等で、日割り計算はしないのだそうです。)

すると集金に来るかと思えば、「~日までに振り込む」ようFAXにて連絡が2回あり、請求書が1回届きました。

支払わないでいると、次の月に再度請求書が届き、「これを支払わないと法的手段を採る」との事。「おいおい、まず話し合いだろ。」と思い放っておきました。

まず、「うちには1~1.5時間しかいないのに、どうして毎月5万円近く請求してるのか?」、「この21000円は顧問料です、というけれど、監査だけなんて頼んでないけど。」、「所得税法にも書かれてるように、住所の確認もなく申告書を書くなんてありえないでしょ。」、「どうしてうちの通帳に勝手に落書きしていって、こちらの覚えをわからないようにしたの?」等、言いたい事が山ほどあって、納得してからでないと払えません!

今頼んでいる税理士事務所への支払い(決算整理を含めて、のもの。)の倍以上支払ってますが、どうしてこんなに支払うのか、納得させていただきたい。

すると小松裁判所から105,000円の「支払命令」が。

「異議申し立て」に「3月分を請求してくるのなら、1,2,3月分の試算表と総勘定元帳をください。」と書いておいただけなのに、なぜか裁判になりました。

石川県金沢市内の法律事務所に対応を依頼して、全面的に任せておきましたが、敗訴しました。

どうしてだか訳がわからないです(笑)。

敗訴したからには払いますが、裁判所から呼び出しを受けた際に述べたとおり、各団体等にこの是非を問いたい、と思っています。
幸いにして、裁判時に「裁判に負けたら、世間での是非を問いたい。」と言ったら、裁判長も「好きになされてください。法律上、何も問題ありません。」と言われてたので。
逆に、こちらの意図とは全く違ってしまった裁判内容に同情してくれて、背中を押してくれたような気がしてます。

もし、〇〇税理士が嫌がったのなら、裁判を取り下げていた、でしょう。

なお、このブログは個人的なものであり、営業妨害を意図したものではありません。

実は、まだこの話には後日譚があり、このブログをUPしたところ、〇〇税理士からのUPの取り消しの要請があり、無視していたら、弁護士から「名誉毀損なのでブログの取り消しと100万円支払え」という書類が届きました。
バカバカしいです。
余りしつこいと、弁護士の名前も書きます。

今まで内緒にしてましたが、裁判の閉廷後、裁判長から「少し個人的にお話ししませんか?」と呼び止められ、個室でしばらく会話しました。「和解」を提案してるのに、「どうしても受けない」と言った事が理解できないので、という事であった。
事情を説明したところ、裁判がこちらの思いと全く違った議論がなされてるのに同情されましたが、「ブログ等のネット上や手紙等で是非を問いたい」と説明したら、「個人的なものなので、法律が一切関与できるものではないですね。お好きになされてください。」と言われました。

これからボチボチ、〇〇税理士の否を問おう、と思っています。

なお、大人しくしてれば止めておこうかな、と思っていた事もしようかなと思います。
これも、法的には問題ないという事を確認済みですので。

コメント

  • そんな出来事があったんですかー!

    びっくり!です!!いつの間にそんな出来事がっ!お気の毒でしたね。でも、なかなか面白く読ませていただきました。ソフトはTKCですね、レンタル賃も高くて本当は監資格なんてないのに、ただ暇つぶしに回ってるんですね、きっと。


  • そんな出来事があったんですかー!

    びっくり!です!!いつの間にそんな出来事がっ!お気の毒でしたね。でも、なかなか面白く読ませていただきました。ソフトはTKCですね、レンタル賃も高くて本当は監資格なんてないのに、ただ暇つぶしに回ってるんですね、きっと。



認証コード5142

コメントは管理者の承認後に表示されます。