子宮内膜症からくる生理痛と不妊治療について

女性ならだれもが一度は体験をした事がある生理痛

痛みは個人差がありますが、私はもともとは生理痛も軽い方でした。しかし、年齢を重ねて行くにつれ、少しずつ痛みがひどくなったと感じ始めていたある日に、あまりにも我慢が出来ない程の痛みに襲われて病院に行く事にしました。

診察の結果は「子宮内膜症」と言われる病気で、生理が原因の病気でした。この病気は女性では無自覚でも患っている人が多いそうで、子宮内膜症の症状の中には、思い生理痛の他にも、不妊の原因にもなったりするそうで、不妊治療を目的に病院に行ってみたら、内膜症が原因で赤ちゃんが出来にくくなっておられる方もあるそうです。

もしも赤ちゃんが出来にくくて、不妊治療を考えておられる方は、一度産婦人科に受診をして内膜症がないかを調べて貰うといいかもしれません。そうすれば、たとえ内膜症が見つかっても、きちんとした治療をする事で生理痛も軽くなり、不妊治療にも繋がるのではないでしょうか。

コメント


認証コード3693

コメントは管理者の承認後に表示されます。