ただの生理痛?不妊治療にも関係ある場合も

毎月女性にとって辛い生理。それも神様は不平等なことに、生理痛がひどい人もいれば、ひどくない人もつくっているため、痛みも何も感じない人にとっては、生理痛で辛いなどということは理解できないでしょう。でももっと男性は分かりませんよね。だって子宮そのものがないんですから。

体を冷やすと痛み、クスリを飲み忘れて痛み、ストレス・寝不足などで痛み倍増と女性にとっていつどこで痛みを強くする要因と出あうのか分からないのです。でもその痛みが毎月になってくると、人間ですから学習するようになります。クスリの種類やタイミングやカイロを貼ったりさまざまに対策をこうじますから、慣れてしまいます。しかしそれは回避する技を会得したのみであって根本的に解決したのではありません。なぜなら痛みは理由があるからなのです。子宮筋腫などさまざまな病気が隠れている場合もあるのですから。痛みを放置したがために、子供が欲しくても不妊治療をしなくてはならない場合も出てきますから、きちんと定期的に病院に通ううことと、おかしいと思ったらすぐ病院にかかることをオススメします。

コメント


認証コード5689

コメントは管理者の承認後に表示されます。