生理痛がひどいと思って通院したら、不妊治療が必要と言われた

生理が来ると、お腹が痛い、頭が痛い、体がなんだかだるい…すべて当たり前のことだと思っていました。ただ、年々生理痛がひどくなると同時に、なかなか子供ができないこともあり、万が一、との思いで産婦人科に行ました。

初めての産婦人科で緊張もあったのですが、先生は優しく話を聞いてくれ、一度検査してみましょう、ということになりました。そこでわかったのが、今まで私が生理痛と感じていたものが、「子宮内膜症」という病名があるということ。また、このまま放置していると妊娠しづらい、子供を望むのならば、不妊治療を今から年齢的にもできるだけ早くはじめることを勧められました。

ただ、生理が重いくらいにしか軽く考えていなかったので、子供の事の話までされて、最初はびっくりしました。落ち込みもしました。でも考えを変えると、このまま放っておいて、長年気づかないよりも、まだ不妊治療をうけましょう、と言ってもらえる年齢で気づいたことに感謝しようと思いました。定期健診をおすすめします。

コメント


認証コード3828

コメントは管理者の承認後に表示されます。