不妊治療をしている女性は多い

生理痛は女性にしかわからない苦痛です。しかも個人差がとてもあるのです。30年くらい前は職場でも生理休暇というのが有給で認められていたくらいです。しかし、男性社員にはずる休み程度にしか考えられていなかったと思います。

実際、標準的な生理痛は初日など1-2日ですが、ひどい人は終日起き上がれないほどの痛みと闘う必要がある人もいます。しかし、軽い人は日常生活と変わらない生活の出来る人もいます。毎月必ず生理の時にはという人もいれば、そのときによってという人もいますが、意外と悩んでいる女性は多いです。生理痛は単純にホルモンだけでなく、子宮筋腫のある人にも多いようですが、若いうちはあまり婦人科にかからないので、見落とされがちです。また、出産後改善したという人もいます。

さらに、その出産ですが、赤ちゃんができなくて不妊治療を行っている女性も多いです。原因はいろいろありますが、卵巣の問題、卵管のつまり、受精卵がうまく子宮に着床しないなどの子宮の問題などありますが、長期の治療には痛みを伴い、かなり大変です。

コメント


認証コード5496

コメントは管理者の承認後に表示されます。