チャンスを待つ不妊治療

不妊治療で最初にすることは、毎日基礎体温をつけることです。私の通院した病院は、人気の病院で、予約してから診察までに3ヶ月かかったのですが、診察をうけるまでに毎日基礎体温をつけ、それを診察をうける初日に持ってくるように指示されました。そこから、ホルモンバランスの崩れや、生理サイクルを確認し、排卵日を特定するよです。

診察では、内診もして、子宮や、卵巣の状態を確認しました。そして提出した基礎体温表を参考に、排卵日近くに排卵しそうな状態かや、子宮内膜の状態を確認しに病院に来ることと、確認がとれたら、タイミングをとるように指導をうけました。

私は、生理不順もなく、排卵が確認できたので、投薬がないタイミング法を数か月指導を受けるというだけで、治療から卒業することができましたが、生理不順や、排卵が確認できない場合は、排卵誘発剤をつかってのタイミング法になると先生に言われました。排卵誘発剤をつかうと、生理痛のようなお腹の鈍痛やだるさがあるそうです。自分で自然に排卵するときも、排卵痛がその前後にあるので、不妊治療では、物理的に同じ状態をつくりチャンスを待ちます。排卵を整えるのが、治療の第1歩です。

コメント


認証コード7638

コメントは管理者の承認後に表示されます。