生理痛と不妊治療の関係性について

私は独身の頃からずっと生理不順で、生理痛もひどいのが悩みでした。結婚が決まるまでは薬で一時的に痛みをしのぎ、生理が終われば生理痛の痛みも忘れて日常生活を過ごしていました。

でも、ある日たまたま自宅で見ていたテレビ番組で、生理痛が不妊に関係していることもあるという特集をしていたのです。生理痛がひどい人は子宮内膜症の疑いがあり、子宮内膜症になると、卵管や子宮に異常が発生し妊娠の妨げになる可能性があるというのです。

実際に、不妊治療に通っている女性の中で子宮内膜症だったという方も多いと言っていました。軽度の子宮内膜症ならば、自然妊娠も可能なようですが、重度の子宮内膜症になると体外受精のステップを早めに考えたほうが良いとのことでした。この特集を見て不安になりました。結婚が決まっていたからです。結婚したら当然子供もほしいと思っていました。でも、生理痛を放っておいてはいけないと痛感し、ブライダルチェックと言うものを婦人科に受けに行きました。妊娠できる体かどうかのチェックのことです。

幸い、私は特に異常はありませんでした。でも、生理痛を決して甘く見ず、必ず受診をしたほうが良いと実感しました。

コメント


認証コード1403

コメントは管理者の承認後に表示されます。