生理痛を治すことは、不妊治療につながります

生理痛の原因をまず知ることが大事です。生理痛の原因の中に、『子宮内膜症』や『子宮筋腫』が発覚した場合はは、治療が必要です。子宮内膜症や子宮筋腫は、不妊症につながる可能性が高い症状です。それらの症状を治すことは、不妊治療もなります。

治療の中には、手術などの手段があります。子宮内膜症については、患部がある程度の大きさになると、破れる可能性があり、破れてしまうと激痛を伴い、最悪の場合子宮を摘出しなければならなくなることもあります。よって、手術で取り除くことによって妊娠しやすい身体へとなります。妊娠を希望するまでは、薬で進行を遅くしておき、いざ子供がほしい場合になったら手術をするということもできます。

生理痛は、色々な身体のサインです。そのサインを見逃さないことが大事です。「だたの生理痛だから」と言って放置しないでください。病院で診てもらって異常がない場合でも、定期的に診断を受けることが大事です。万全の態勢をつくることが、不妊治療への一歩です。

コメント


認証コード4977

コメントは管理者の承認後に表示されます。