積極的に治すためのQ&A①



交通事故にあったときの流れを説明していきます。

解りやすい説明をさせていただきます。実際、保険などの専門知識が必要なものは素人にはわかりにくいものです。これらの動画を見ておけば、ある程度の知識が備わります。

Q:交通事故に遭い、軽いむち打ち症になりました。あまり強い痛みを感じないのですが、自分で治すことはできますか?

A:自己流の判断をするのは絶対にやめましょう。むち打ち症は痛みの程度にかかわらず、早期の手当てが重要ですので、必ず、専門の医療機関を受診して適切な指示を受けてください。初期の適切な処置を怠ったがあために、後遺症として一生残ってしまうこともありますので。

Q:子供でも接骨院や整骨院に通ってもかまわないのでしょうか?

A:小さなお子さんが接骨院や整骨院に通われても、一向に差し支えはありません。ただし、小さなお子さんの場合、自分の症状をきちんと伝えられない場合が多く見受けられますので、事前にご両親が良くお子さんの症状を把握しておいて、治療家の先生にきちんと伝えて下さい。お子さんが痛いと言わないからと放っておかないで、必ず診察を受けさせて下さい。

Q:接骨院や整骨院へは、毎日通院しても構わないのでしょうか?

A:必要であれば、毎日通院されても構いません。専門家の施術を受けると日ごとに体が楽になっていきます。特に、痛みの辛い時や調子の悪い時には、必ず治療家の先生の指示に従い、続けて通院されることをお薦めします。

参照文献:
「むち打ち症を治すための8つの鍵」柳澤正和(一般社団法人 むち打ち治療協会 代表理事) 著

コメント


認証コード3968

コメントは管理者の承認後に表示されます。