自然治癒力で回復力を早める接骨院、整骨院の技術



交通事故にあったときの流れを説明していきます。

解りやすい説明をさせていただきます。実際、保険などの専門知識が必要なものは素人にはわかりにくいものです。これらの動画を見ておけば、ある程度の知識が備わります。

それでは、これからは、私たち、柔道整復師がどのような診療方法で、人間が本来持っている「自然治癒力」を引き出しながら、むち打ち症の改善に当たっていくかを具体的に話していきたいと思います。
一般に、むち打ち症の痛みや症状は、事故が起きた際の衝撃や度合いの他、患者さんの年齢や体質などによって症状が現れる時期も異なり、痛みの感じ方や回復期間にも個人差があります。そのため、私たちは、患者さん一人ひとりが違う状態(症状)であることを理解した上で、筋肉の損傷の程度を触診によって判断していきます。

しかし、これは治療家ならば誰もが判るというものではありません。そこには、豊富な経験と実際に患者さんに触れている経験によって培われた一種の感覚というものがあります。むち打ち症になった場合、筋肉の組織が壊れた状態になるので、触診をしながら、筋肉組織がどのくらい壊れているのか、また神経がどれほど圧迫されているのか、などを確認しながら、症状の程度を量っていきます。

壊れている筋肉組織が元に戻るためには、絶対的に必要な時間があります。例えば、擦り傷によって出血した部位がかさぶたになって元に戻っていく、というステップを踏んでいくように、損傷した筋肉組織も元に戻っていくために絶対的に必要な時間があります。しかし、患者さんが正常な日常生活に一日でも早く復帰できるように努めるのが、我々、治療家としての務めです。そのために、初期の段階から、どのようにアプローチすべきなのか、を考えます。なぜなら、この時期の処置方法の適切さが早期回復の鍵となるからです。

むち打ち症の多くは、首の周辺に炎症が起きていることが多いので、まず、アイシングで患部を冷やします。アイシングは、筋肉を冷やすという働きがあるので、むち打ち症の初期症状には非常に有効な処置です。実はこの初期段階で「冷やす」という事をしているか、していないか、で、その後の施術期間が変わってくる事もあります。
炎症期には、首の状態も極力安静にすることが大原則となります。そのため、一時的に首の動きを固定する「頸椎カラー(首用コルセット)」を使用されることもあります。しかしながら、このように頸椎カラーを使用することは、あまりお勧めしません。頸椎カラーは頭や首を支えてくれるので、使っていると楽かもしれませんが、逆に、筋力が低下してしまい、関節等が硬くなってしまうため、脱着後には慢性の肩こりや頭痛に悩まされるようになります。

こうした炎症期を過ぎると次は筋肉組織が回復してくる時期です。首や肩の筋肉をほぐしながら、炎症期に落ちてしまった筋力をストレッチなどによって、少しずつ元に戻していきます。また血行促進を目的に手技で筋肉をほぐしたり、遠赤外線などで患部を温めます。
この温めるという行為も、回復力を高めるポイントになります。身体の細胞というのは、温めると組織の再生が速まるという特性があります。そのため、自然治癒力を上げるためには必要となるのです。昔から、捻挫や打ち身、むちうち症などの施術に遠赤外線やマイクロ波などを使って温めているのは、こうした理由からです。腫れている時は筋肉をしっかり冷やしますが、腫れが引いたら次は温める。このようにして、自然治癒力が向上していくよう、サポートしていきます。

この段階までくると、これまでには小さな動作一つで激痛が走っていた首も、かなり楽になってきます。人によっては自己判断で完治したと思い込んで、通院を止めてしまう方もいらっしゃいますが、この自己判断はとても危険な事です。この段階で油断して、症状を悪化させてしまう方もかなり多いのです。しばらくの間、安静にしていた反動もあるのかもしれません。つい無理をしてしまったり、今まで気を使いながら制限してきた首の動きが無防備になり、再び筋肉組織に炎症が起きてしまう事があります。この状態をかさぶたに例えて説明すると、かさぶたになったところを剥がしてしまい、患部から再び出血したという状態です。傷口を早く治すには、かさぶたが出来、自然に剥がれ落ちるのを待つという時間が必要なのです。

むち打ち症の場合も同様で、せっかく回復に向かっているのに、ここで無理をしてしまったために、症状が振り出しに戻ってしまうという事も少なくありません。この時期にどうしても首に負担のかかるようなことをしなければならない場合は、必ず担当の治療家の先生に相談して下さい。ここで悪化させてしまうと慢性化する恐れもあります。通院している間は、長く感じてしまうかもしれませんが、一生の中ではわずかな時間です。無理をせずに、まずは自分自身の健康を第一優先として考えて行動してください。

参照文献:
「むち打ち症を治すための8つの鍵」柳澤正和(一般社団法人 むち打ち治療協会 代表理事) 著

コメント


認証コード5724

コメントは管理者の承認後に表示されます。