[不妊治療] 食養生で妊活力UP サンマ



おはようございます。
院長の中村和仁です(^^)

今年も、もう2ヶ月。早いものですね。
だんだんと寒くなってきました。秋ももうじきでしょうか。

さて、今回はその秋の味覚についてです。ちょっと遅い気もしますが、秋は美味しいものが多いので、ネタが溜まっています。

今日はニッポンの秋の味覚の代表格【サンマ】です。 おいしいですよねぇ。
サバとともに秋が旬の青背の魚です。 秋になると脂肪分が多く、それがおいしさの秘密です。
秋のサンマの塩焼きに大根おろしを添えて、スダチを絞って、お醤油かけて・・・。ん~、最高ですねっ⤴
でもサンマが一般家庭の食卓に上がるようになったのは江戸時代の後期からです。
比較的沖合に回遊しているので、漁法がなかったのですね。
産地というか、漁獲高は北海道が多いそうです。 脂ののったサンマは口の先が黄色っぽいそうですよ。大きくて、口先が黄色いものを選びましょう。
最近ではサンマの調理法もさまざまですが、やっぱり塩焼きが基本です。
でも、焦げた皮の部分には発ガン性物質が含まれますので注意が必要です。AGEの事もありますし。

それがなんと! 
大根おろしには、その発ガン物質を分解する成分があります。なので、サンマと大根おろしは、とっても理にかなった組み合わせなんですよ。 できたらたっぷり大根おろしを添えていただきたいですね。

もう少し詳しく栄養素を見てみると、青背の魚特有のIPA(EPA)や DHAがあります。
どちらも脂肪の部分に含まれています。
IPA(EPA)は不飽和脂肪酸の一種で、血栓症を予防します。また悪玉コレステロールを低下させ、善玉コレステロールを増加させます。
DHAも、血漿中の中性脂肪を減少させ、動脈硬化を防止。さらに脳の発育と働きを活性化する作用があるそうです。 とくに脳神経組織によいそうですよ。

東洋医学的に見ると、 性質は「平」ですので、寒熱のかたよりはありませんが、 脂が多いので食べ過ぎると下痢しやすく、
胃の負担になるのでもともと消化不良ぎみの方は控えめにお願いします。 鮮度が命ですので、買ってきたらその日のうちに調理して食べましょう。
新鮮なものはお刺身や寿司だねにもなります。 臭みが気になるようでしたら、ショウガを一緒にいただきましょう。
実は焼くと皮下に豊富な脂やコラーゲンが落ちてしまうので、 生でいただくのも賢い食べ方です。
また、煮魚にしてもDHAを効率よく摂れます。 ちょっと酢を入れるといいそうですよ!
さあ、食べたくなってきましたね! スーパーに買いにいきましょうか。 海に囲まれた日本ならではの、安くて新鮮な魚をもっと食卓に登場させましょう。

特に寒い地方で獲れる魚は、低い水温のなかを生きているわけですから、 脂だって低温でも凍らず、サラサラした脂です。
だから血栓を防止し、サラサラ血をつくるのですね。

あなたの妊活を応援します!

ここまで読まれて、
少しでも加賀整骨院で不妊治療を受けてみたいと思われた方、
私たちキャスト一同はそんなあなたを
いつでも温かくお迎えいたします。

『お子さんを授かりたい』という
ステキな夢の実現に向けて
頑張っておられる方の
お役に立ちたいと強く思っています。

今、このサイトにたどり着き、
この記事を読んでいただいていることにも
何か意味があると思いませんか?

あなたが今、この文章を読んでくださっていることも
きっと何かのご縁です。

加賀整骨院は全国でもほとんどない不妊治療専門整骨院で
未妊治療に専念していますので、
未妊の知識が深いこと、
未妊治療で経験が豊富なことからも
その効果ももちろん現れています。

また、現在では卵子の質を高める病院での治療は存在しません。

そういった事実もふまえて
『卵子の老化を予防すること』は
これからお子さんを授かりたいと願う方にとって
とても大事なことです。

私達の行う治療ではその『卵子の質の低下』を
予防することができるのです。

せっかくの機会です。
お子さんを授かるための近道に一歩前進してみませんか?

ぜひ、妊娠しやすいお身体づくりのための
お手伝いをさせてください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

●あなたの不妊が東洋医学的に診てどのような不妊なのか
 無料でチェックが出来ます。

 こちらからどうぞ↓

http://www.firstchecker.jp/dx/form/933/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

a:49 t:1 y:1

コメント


認証コード2952

コメントは管理者の承認後に表示されます。