[不妊治療] 食養生で妊活力UP 柿

おはようございます。
院長の中村和仁です(^^)

今年も、もう1ヶ月半。早いものですね。
年賀状も販売されましたし本屋でも年賀状の本がいっぱいです。冬ももうじきやって来ますね。

さて、今回も秋の味覚についてです。ちょっと遅い気もしますが、秋は美味しいものが多いので、ネタが溜まっています。
今年は、秋の記事のラストです。

秋もまたおいしい果物がいっぱいですが、いかにも日本的な秋の果物の代表といえば、 柿 ですね。

柿は英語でも kaki なんですよ、ご存知でしたか? 東アジア原産ですが、今では世界に広まって
「ジュクジュクの kaki 大好き!」 というイタリア人に会ったことがあります。
その方は kaki はイタリア語で、 イタリアの果物だと思い込んでいました。
旬は秋、しかも晩秋ですが、性質は”寒”性なのです。 体を冷やすので、冷え症の方は要注意ですね。

ただ、「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、風邪の予防になったり、
二日酔いの解消に効果があったりするのです。 柿にはアルコールデヒドロゲナーゼという酵素があるのですが、
これは文字通りアルコールを分解する働きがあります。 ですからお酒を飲む前に食べる方もいらっしゃるのですが、
残念ながら、木の上で完熟させた柿にはその効果があるのですが、 市販のものは青いうちに収穫され、
アルコールで脱渋されていますので、 その酵素が破壊されています。 だから、あんまり期待はできないのです・・・。

でも庭に柿の木がある方には朗報かもしれませんね。 昔の漢方の本にも、柿の効能に「解酒毒」とあるくらいですから、
古来、そういった目的で熟した柿は食されてきたのでしょうね。 豊富な栄養素は、ビタミンCとベータカロチンです。
これらは抗酸化作用があり、アンチエイジングの作用があります。 というと「毎日食べなきゃ!」と考えてしまいますが、

ちょっと待った。

確かにビタミンCの含有量は非常に多いのですが、 (1個で1日のビタミンCの必要量を満たすそうです。
これはみかんの2倍) 前述の通り、”寒性”の食べ物です。 冷え症の方はもちろんのこと、胃腸の弱い方や、
消化不良の方、 子どもさんや年配の方には不適です。 タンニンも含まれるので、貧血の方にも向きません。

食べすぎると胃に結石ができやすくなるそうですし。 とっても甘くておいしいのですが、
不妊治療をされていらっしゃる方には 不向きな食べ物だといえますね。

ただし、のどを潤す作用がありますので、”陰虚”体質の方には わりといいのです。「清熱止渇」という働きです。
いつも微熱があるとか、高血圧の方にもおすすめですので、 薬だと思って食べてみましょう。

生柿がだめなら他の手で。 まずは干し柿。柿は柿でも干すと性質も”平”になります。
そして「渋腸和胃」「涼血止血」といって、胃腸を丈夫にし、 下痢を伴う下血を止めます。

柿のへたは吐き気止め、しゃっくり止めになったり、 子どもの夜尿症の薬や、しもやけに塗る外用薬になったりします。

柿の葉は血圧や血糖値の降下作用やがあるので、高血圧症や、 動脈硬化などの生活習慣病の予防によいと思います。

あと柿渋をご存知の方もいらっしゃると思いますが、 打ち身、やけど、しもやけ、痔、虫刺されなどの外用薬になります。

ビタミンCの摂取を期待するのなら、実よりも柿の葉茶のほうが効率がよいでしょう。

そういえば、柿の葉といえば、奈良の柿の葉寿司が有名ですよね。 あれは、柿の葉に多く含まれるタンニンの抗酸化作用をねらったのでしょうね。
以前九十歳の女性の方が足が冷えて痺れると訴えられるのですが、 柿が大好物で、毎晩2個ずつ食べてると言われて驚いたことがあります。
足の症状は感覚がなくなるほどだったのですが、「これだけが楽しみで」との 言葉に「せめて1個にしましょうか・・・」としか言えませんでした。

それほどおいしいものなのですね。 とはいえ、これから少しずつ気温も下がり、冷え症の方には辛い季節の到来です。

大好物の方は、なるべく木の上で完熟したものを求め、 大事に一切れだけいただきましょう!

あなたの妊活を応援します!

ここまで読まれて、
少しでも加賀整骨院で不妊治療を受けてみたいと思われた方、
私たちキャスト一同はそんなあなたを
いつでも温かくお迎えいたします。

『お子さんを授かりたい』という
ステキな夢の実現に向けて
頑張っておられる方の
お役に立ちたいと強く思っています。

今、このサイトにたどり着き、
この記事を読んでいただいていることにも
何か意味があると思いませんか?

あなたが今、この文章を読んでくださっていることも
きっと何かのご縁です。

加賀整骨院は全国でもほとんどない不妊治療専門整骨院で
未妊治療に専念していますので、
未妊の知識が深いこと、
未妊治療で経験が豊富なことからも
その効果ももちろん現れています。

また、現在では卵子の質を高める病院での治療は存在しません。

そういった事実もふまえて
『卵子の老化を予防すること』は
これからお子さんを授かりたいと願う方にとって
とても大事なことです。

私達の行う治療ではその『卵子の質の低下』を
予防することができるのです。

せっかくの機会です。
お子さんを授かるための近道に一歩前進してみませんか?

ぜひ、妊娠しやすいお身体づくりのための
お手伝いをさせてください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

●あなたの不妊が東洋医学的に診てどのような不妊なのか
 無料でチェックが出来ます。

 こちらからどうぞ↓

http://www.firstchecker.jp/dx/form/933/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

a:53 t:2 y:0

コメント


認証コード7799

コメントは管理者の承認後に表示されます。