[不妊治療] ツボ-関元

こんにちは。
結婚しても、不妊に悩む女性によりそう、中村です。

鍼灸治療をされている方々なら、鍼を刺されるところ、
お灸をすえられるところ、が経穴ですから、だいたいわかっていると思いますが、

全身365個のツボがあるなか、1回の治療で実際に使うのはほんの10箇所前後
なので、きっと、あの辺とあの辺は毎回だな、と覚えておられる方も少なくない事だと思います。

その場所に鍼を刺さずに、指圧。マッサージを施しても同じ効果が出せますので、技術の差によりますが、同じ効果を出せます。
実際に、自分で鍼を打つのは無理でしょうが、指圧ならできますし、お灸をしても良いですね。自分でやってみるのも、お勧めです。

今回は『関元(かんげん)』というツボをご紹介します。

別名の「丹田」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。
武道をされてる方には馴染深いでしょう。「気」の集まるところですから。
おへその、だいたい4,5センチ(三寸)真下にあります。
ご自分の指4本分です。
おへその下に手を横にあてて人差し指から小指までの長さです。

“丹田”というのは気の田という意味です。
ここに気を集めると、しっかり体の重心が取れて、武術をするにしても、お花やお茶をするにしても、うまくいくのです。

そんな機会でないとしても、一度この下腹あたりに意識を集中させて、力を集めてみてください。
きゅっと骨盤がしまって、正しい姿勢を保てるのがわかるでしょうか?

人間にとって、この丹田は武道のときだけでなく、健康を維持していくのにとっても大事なところだといえます。
「臍下丹田に力をこめろ!」っていいますよね。
この丹田、つまり関元というツボがヘナヘナだったら、元気でいることが出来ません。

ということで、このツボの重要性はわかっていただけたと思いますが、位置的によく見てみると、ここって、ちょうど子宮の上になるんですね。
ですので、生理痛の緩和にもいいですし、常日頃からケアしてあげると、生理痛はもちろん、生理不順の予防もできます。
女性に多い冷え症にもいいですし、当然ながら不妊症にも効きます。

臍から恥骨までの間には子宮や卵巣を調整するツボが多いですし、ね。

”丹田呼吸法”というのを聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

要は腹式呼吸なんですが、丹田(ツボというより、下腹部あたりの部分)に意識を置いて行うのがコツです。

朝、目が覚めたら布団の上でしばらくこの呼吸法をすると、元気よく起きることができると言われています。

寝る前にすると、深い睡眠を取ることが出来るとも言われてますので、ぜひ試しみて下さい。

下腹部に気を集める、エネルギーをためるようなイメージをしてください。
その際、頭では別のことを考えながら、ではダメです。しっかり意識をお臍の下に集中してください。

丹田に気を集めていくとお腹があたたまり、全身がぬくもってきます。
冷え症の方にはとくにオススメですね。妊娠にはお腹を温める必要がありますので。

あなたの妊活を応援します!

ここまで読まれて、
少しでも加賀整骨院で不妊治療を受けてみたいと思われた方、
私たちキャスト一同はそんなあなたを
いつでも温かくお迎えいたします。

『お子さんを授かりたい』という
ステキな夢の実現に向けて
頑張っておられる方の
お役に立ちたいと強く思っています。

今、このサイトにたどり着き、
この記事を読んでいただいていることにも
何か意味があると思いませんか?

あなたが今、この文章を読んでくださっていることも
きっと何かのご縁です。

加賀整骨院は全国でもほとんどない不妊治療専門整骨院で
未妊治療に専念していますので、
未妊の知識が深いこと、
未妊治療で経験が豊富なことからも
その効果ももちろん現れています。

また、現在では卵子の質を高める病院での治療は存在しません。

そういった事実もふまえて
『卵子の老化を予防すること』は
これからお子さんを授かりたいと願う方にとって
とても大事なことです。

私達の行う治療ではその『卵子の質の低下』を
予防することができるのです。

せっかくの機会です。
お子さんを授かるための近道に一歩前進してみませんか?

ぜひ、妊娠しやすいお身体づくりのための
お手伝いをさせてください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

●あなたの不妊が東洋医学的に診てどのような不妊なのか
 無料でチェックが出来ます。

 こちらからどうぞ↓

http://www.firstchecker.jp/dx/form/933/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

a:44 t:1 y:0

コメント


認証コード4554

コメントは管理者の承認後に表示されます。