【不妊カウンセリング】不安の2タイプ



さて、今日はベビ待ちのみなさんが抱える不安から自由になるための方法を一緒に考えていきましょう。

さまざまな不安や恐れに囚われてしまう方には2つのグループがあるようです。

1つは、他の誰かと比べて自分にダメ出しをしてしまう方。
もう1つは、未来や外的な環境などを心配して自己完結的にダメ出ししてしまう方。

1つ目のグループの方たちは、どうしても他の人から見て自分はどうなのか?
が気になります。
「この歳で、あるいは結婚して○年経つのに子どもがいないと、詮索の目で見られる」
「長男の嫁なので、義両親からのプレッシャーを感じる」
「友人や同僚はみんな簡単にできてるのに、私だけできない」
「マンションの同世代はみんな子育てしてるのに、うちだけいない」
「お子さんは? と訊かれるのがすごく辛い」

こういった声をよく聞きます。
基準が外にあるので、どうしても1つ1つ細かいことに過剰に反応してしまいます。
だいたい何歳くらいで結婚して、何年後に第一子が生まれて、仕事はこうして、
子供が小学校に入る頃には一軒家を建てて・・・というレールがあるかのようです。
それを世間一般の常識として受け止めているとしたら、
そこから少しでもズレると、それは困ったことになりますよね。

こうしたタイプの方は、子供の頃からしっかり教育を受け、エリートの王道を歩いて来られた方に多いです。
もちろん楽して、という意味ではなく、努力して来られた結果です。
ですが、自分の努力だけではかなわない”不妊”という現実をつきつけられて、かなり大きな挫折感を感じておられるのです。

「自分だけ道をはずれているようで、不安で不安で仕方ない。
なんとか自分も”人並みに””普通に”妊娠できて、家族をつくり、幸せな人生を送りたい」という思いを持たれている方って、少なくないと思います。

このタイプの方にお願いしたいことは、【自分軸】をもつことです。
周りがどうであれ、自分は自分。
人が何と思おうと、「私はこれで行く」という覚悟も必要ではないかと思います。
あなたが思うほど世間一般の正しいレールというものは確立されていません。
端(はた)から見ていて人生バラ色に見えても、みんなそれぞれ悩みどころはあるものですね。
あなたが考える常識からはずれた人だって、幸せに暮らしているかもしれません。
だったらあなただって、思い描いていた道からちょっと脱線しても、
幸せになれないなんてことはないのですから。

未妊の期間は、ひょっとしたらそんなことをあなたに教えてくれてるのかもしれません。

あなたがあなた自身を取り戻す、自信をもつチャンスです。

治療期間が長くなって高齢出産となったとしても、あなたが納得していれば、自信をもって子育てしていけますよ。
世間に引け目を感じる必要なんて、全くないのです。
また、できることすべてやった結果としてお子さんを授からなかったとしても、その努力の過程で得たものを糧に、お二人の人生を歩んでいけるはずです。
他人の目を気にせず、自分軸さえ強く持っていれば。
お二人の絆もあなたの人生をサポートしてくれるはずです。

一方、もう1つのタイプの方は他人の目は気になりません。
何が気になるかというと、放射線の影響や、環境悪化、高齢化社会、犯罪率の高さ、いろいろな病気、はたまたモンスターペアレントだったり、児童虐待だったり、さまざまな社会問題、地球規模からローカルなレベルまで、いろんなことに不安を感じています。

「~~だったらどうしよう?」「~~になったらどうしよう?」と
まだ起こっていない将来のことで頭がいっぱいになってしまいます。
どんどん想像力が高まってエスカレートしていくので、自分の首を絞めてしまいます。

「わが子がいじめに遭ったら、あるいは学級崩壊になったらどうしよう?」
「食の安全が崩れて、何を食べたらいいんだろう?」
「日本の政治はこれからどうなっちゃうんだろう?」
「こんな環境で子育てしていけるのか?」
「〇国から戦争を吹っかけられたらどうしよう?」
「わが子の将来は? 健康に、幸せに暮らせるのだろうか?」
そんな不安でいっぱいになっているのです。
その不安があなたの妊娠力を落としている原因かもしれません。

将来に不安を感じるのは、歴史を振り返ればどんな世でもあったはずですね。
それでも人々は歴史を重ねてきました。
それは一生懸命未来を切り開いてきた証拠です。
どんな状況になっても、前に進まないといけないのですから。

だから、案ずることはないのです。
もちろん何も考えずに生きているだけでいいということではありません。
その時々で最良の選択をして、努力していくしかないのでは? と思います。
悪いほうにばかり考えていくと、そういう結果を引き寄せてしまいます。
引き寄せの法則ですね。
「ぜったい、うまくいく」と信じて、どうしたらうまくいくのかを考えるほうが建設的なのですよね。

自分を信じること、そして他人を信じること、両方必要なのではないでしょうか。
そして、ある程度「なるようになる」と割り切るのも。
先読みし過ぎると疲れます!

それより、楽しいことを考えて過ごしたほうがよっぽど身体(からだ)にいいです。
自分自身を楽しませてあげましょう。
ワクワクするようなことを計画して、実行しましょう。
せっかくこの世に生まれてきたのですから、人生を楽しみましょう♪
赤ちゃんが来てくれるのも、楽しみに待ちましょう。
もちろん子育てに大小のトラブルはつきものですが、
絶対うまくいきますから。自信をもっていきましょう。
あなたならクリヤできますから!

2つのタイプの不安を乗り越える方法をお話しました。
参考にしていただけるでしょうか。
もちろん、みなさんどちらの不安も複合的にお持ちだと思います。
不安に負けないで、大地の上にすっくと立てる自信をもってくださいね。

どうしても地に膝をついてしまうときは、助けを求めてください。
自分ひとりで不安と戦うことはありませんよ。
乗り越えるためのサポートをさせていただきます。

あなたの妊活を応援します!

コメント


認証コード6792

コメントは管理者の承認後に表示されます。