不妊治療をして、1年経過しましたが



Q:

不妊治療をして、1年経過しましたが授からず、次のステップアップは体外受精です。
タイミング、人工授精まではなんとか仕事を調整して通えていましたが、体外へとなると仕事と通院が難しい為、4月末で退職することになりました。

ちなみに職場には不妊治療の事を伝えたくない気持ちがありました。
退職理由は、不妊治療の事の他に、業務や人間関係に悩んで辞めたい気持ちが2年間もあったし、ちょうどよいタイミングと思い、決心しました。
旦那も以前から嫌なら辞めても良い、通院が難しくなるのはしょうがないから辞めても良いと了承済みです。
しかし、退職日が近くなるにつれ旦那の様子がおかしいです。
「俺も仕事辛いよ」、「退職、いいなあ」、「なんだか楽しそうだね」、「これから収入が無くなって不安」、「一軒家欲しかったな」、などなど。
収入の面をかなり気にしている様子です。
仕事のストレスも多いようで日に日に口数も減り、表情も暗く、夫婦の会話も少なくなってしまいました。
ご飯の後はイヤホンで携帯をいじっているので話しかけるのが難しいです。
本人には、「仕事大丈夫?」や「何か助けられることがあったら言って」と励ましの言葉を掛けていますが、「俺のことは気にしないでくれ、本当に大丈夫だから。一過性のものだから。」とコミュニケーションが取れません。
ため息も目の前でされると不安な気持ちになります。
一番の解決策は、子供ができて、仕事に復帰して、だとは思いますが、どちらもすぐにはいかない事なので、この先どのように接して良いかわからなくなってきました。

A:

奥さんが治療に専念するのは、ご主人のためでもあるのに、何という態度でしょうか。
私の個人的な意見でなら、「お前ばかりに辛い思いさせて悪いな。俺が頑張るから、可愛い子供を産んでくれ。」と言って欲しいものです。
他人がつべこべ言う事でもないのでしょうが、甘えているようなので、ちょっと冷たくしても良いのではないでしょうか。

というか、タイミングと人工授精を1年も続けてきたという事なら、夫婦ともに、肉体的な欠陥がないであろうという事なので、体外受精しても、意味がないような気がします。

排卵の日が全然違っていたのかもしれませんね。これは現在信じられている説が正しければ、タイミング、人工授精で充分妊娠できるのでしょうが、本当に正しいのかは、誰にもわかりません。世界中の専門家でこのように語っている人達が少なくありません。
もし、本当に正しければ、「妊娠率が10%に満たない」なんてことはないでしょうから。

体外受精をする場合は、夫婦のどちらかに肉体的に欠陥がある場合か、ご主人が頑張れない場合、40代で閉経が近いかもしれない、セックスレス、など、ならお勧めしますが、質問を読んでて、ちょっともったいないな、と思いました。体外受精しても、妊娠が必ずしも早くなるわけではないので。

卵を採るために使う排卵誘発剤などの副作用で、妊娠しにくい身体(からだ)になります。最初は良いのですが、薬を使い続けていると段々とおかしくなります。必要悪なので仕方がないのですが。

おススメは、マッサージなどで妊娠しやすい身体に整えてから、体外受精を受けた方が良いと思います。別に仕事を続けてても通いますし、それから体外受精に進んでも遅くはないどころか、より早い結果が得られると思います。
精子は72時間生きていますが、卵子は24時間。なので卵管膨大部という受精が行われるところで精子が待っていれば良いです。なので、生理が終わってから次の生理が始まるまで、2,3日ごとに、しっかり夫婦生活を持ってください。多分、妊娠できると思いますよ。半年してもダメだったら、体外もありかな、と思います。

夫婦お二人が望んで自分たちの赤ちゃんを迎える準備をしようとしている中で夫婦のすれ違いがあっては本末転倒。お互いが納得いくまで話しあって下さい。経済的にも、肉体的にも、精神的にも、キツイ日々が始まるので、ご夫婦がお互い納得いく形でストレスなく夫婦二人三脚で不妊治療に取り組んでいける事を願っています。

あなたの妊活を応援します!

a:154 t:1 y:0

コメント


認証コード6435

コメントは管理者の承認後に表示されます。