【身体づくりで妊娠力アップ】お腹を鍛えるトレーニング法



今回もお家でできる簡単筋力トレーニングをご紹介していきますね。

前回は、足腰を鍛えるスクワットをお伝えしました。
足には大きな筋肉が沢山あるので、鍛えがいがありますよね。
代謝もアップしますし、身体(からだ)を温める力にもなりますよ。
10回20回と出来る回数も増えてきたのではないですか?

今日ご紹介するのは、簡単にできるお腹(なか)を鍛えるトレーニング法です。
お腹の「腹直筋(ふくちょっきん)」と「大腰筋(だいようきん)」を鍛える方法です。
「腹直筋」は、いわゆる「お腹が割れる」と言われる身体の表面にある筋肉ですね。
男性なら、鍛えると形がくっきりでできます。
女性では、鍛えて形が出るというよりかは、
痩せすぎて形が現れていることがほとんどです。
なので、めざすところは「形」ではなく
しっかりホルモンを作れる脂肪も持ち合わせた
女性らしい身体ですよ。でも、筋肉・筋力はしっかりと!

「大腰筋」は、足を動かす筋肉のひとつです。
骨盤の中にある筋肉なので、しっかり動かしたいですね。

では、トレーニングです。
ベットがあるお家では、ベットに腰かけてください。
椅子やに浅く腰掛けてでもできますよ。
厚みのある座椅子でもできます。
ただし、椅子が倒れないように気をつけてください。
手をお尻の後について、上体を少し後に倒します。
そのとき、ベットの端をつかんでもいいですよ。
椅子や座椅子の端をつかんでください。

膝を曲げて胸に引き寄せます。
これがスタート準備です。
膝が真っすぐ伸びるように足先を挙げていきます。
床と水平になるか、余裕のある方はさらにもう少し挙げます。
3秒ほどその状態をキープします。
ゆっくり膝を曲げてお腹に引き寄せます。

膝をお腹に引き寄せられない方は
膝を曲げ、床から足を浮かせます。
これをスタート準備の姿勢にしてください。

この動きを、繰り返します。
いかがですか?
簡単ですが、回数こなすには腹筋力が必要ですね。

東洋医学では、お腹には任脈(にんみゃく)、衝脈(しょうみゃく)といって生殖機能に関係ある経絡(けいらく)が通っています。
しっかり鍛えて、経絡の流れをよくしていきましょう。

お天気がいい日には、外にでてお日様に当たりながら
ウォーキングに励んでくださいね。
気分もすっきりしますよ。

あなたの妊活を応援します!

a:166 t:1 y:0

コメント


認証コード6260

コメントは管理者の承認後に表示されます。