冬の味覚-ほたて



さて、今日は帆立貝です。
貝柱のお刺身やカルパッチョ、煮物やお鍋にも、食べ易くて大活躍ですね。

ホタテガイは比較的寒い地方の浅い海に生息している二枚貝です。
天然ものの旬は10月から2月ですが、最近は養殖もあり、さまざまな大きさで
幅広く流通するようになりました。

淡白ですが、グリシンやグリコーゲンが豊富で甘味が強く、
また旨味成分も多いので生食でも加熱しても、また乾燥して干し貝柱にしても、
非常に人気のある食材です。

貝柱があれだけ大きいので、相当な力があります。
勢いよく貝殻を閉じて、噴射口からジェット噴射で水を吐き出し、
前に飛ぶことができます。
他の貝類にはない機動力があります!
比較的大きな貝ですし、海の中をビュンビュン飛んでいると蝶のように見えるのかな、
なんて想像しながら、見てみたいなって思います。

栄養面では、たんぱく質豊富で脂肪が少ない低いエネルギー食品です。
タウリンが豊富(魚介類中トップの含有量)で、コレステロール値を下げ、
疲労や視力の回復に効果ありです。
タウリンはアミノ酸の一種ですが、大量に摂っても副作用がなく、
悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールは維持してくれるので
動脈硬化の防止に最適です。

他にも、ビタミンB2、B12、鉄分、亜鉛、葉酸なども多いため、
未妊治療に向いています。

ストレスが多い人ほど亜鉛の消費量が増えます。
減ってしまうとホルモンバランスが崩れてしまうので、牡蠣やホタテで
亜鉛を補給しましょう!

ホタテの旨味成分はコハク酸(アサリの10倍です)、グリシン、グルタミン酸、
イノシン酸、アラニンなどです。



それでは、漢方的に見ていきましょう。
性質は、平、潤作用があります。
臓腑では、脾胃に入ります。
五味は、甘、カン(しおからみ)。

東洋医学的な効能としては、
調中下気、消化をうながします。
止渇利臓、ノドの乾きを止め、内臓の機能を回復させます。
去滞縮尿、消化不良を解消し、尿の出をよくします。

体質的には、平性ですので、冷え症の方も安心ですね。
あらゆる体質の方に向く食材です。
腎臓病の方はたんぱく質が豊富なので、控えましょう。

よい出汁の出る乾燥貝柱は、栄養面や効能的にも生より上ですので、
もっと利用するといいですね。
高級中華料理でよく使われますが、滋養強壮によいとされています。
水で戻して煮物にしたり、スープにすると、美味しいだけでなく、
栄養分を余すところなく利用できて、一石二鳥です。

生食用もクセがなく、万能選手ですね。
炒め物や、フードプロセッサーを使ってシュウマイの具にしたり、
和え物にしたり、洋風のサラダにもアレンジできます。
上品な旨味を味わいましょう!

お買い求めの際は、貝柱が他よりもオレンジがかったのがあれば、
ぜひそれを選んでくださいね。当たりです(^^)
白っぽいものよりも味が濃くて美味しいんですよ!

あなたの妊活を応援します!

a:17 t:1 y:0

コメント


認証コード7579

コメントは管理者の承認後に表示されます。