秋の味覚-さば



今日は青背の魚の代表格、鯖(さば)を取り上げます。
サバという名前は「小(さ)歯(ば)」からきているそうです。

日本各地で陸揚げされる、なじみのある大衆的な魚ですね。
マサバやゴマサバなどが一年中近海で獲れますが、なんといってもマサバの旬は秋。脂ののりが違います。

秋茄子と同じように、「秋鯖は嫁に食わすな」という言葉もあるくらいです。

美味しいものは嫁には食べさせない、なんて嫁いびりの意味もありつつ、
実は秋の鯖は脂肪が多いため、下痢や腹痛を起こしやすいため、子宝のために食べないほうがいい、という意味もあるのだそうです。

ほんとうに子宝によくないのでしょうか?!
ゆっくり見ていきましょう。

サバは青く輝いていて、太陽を象徴する魚として信仰の対象になっていました。
京都の葵祭で鯖鮨を食べるのは、その名残だそうです。

酢でしめるのは、鯖はとても傷みが早いためです。
なんといっても、「サバの生き腐れ」といわれるくらいです。
これは、多量に含まれるヒスチジンという成分が、分解酵素によって
ヒスタミンに変化するためです。
これが、じんましんや、腹痛など、アレルギー様食中毒の原因となるのです。
できるだけ新鮮なものを求め、早く調理していただきましょう。

では、栄養価を見てみましょう。

秋、一番脂がのった時期、この頃一番EPA/DHAが多く含まれています。
エイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸、ですね。
その量はほかの青魚の3~4倍です。

EPAとはIPA(イコサペンタエン酸)とも言われる不飽和脂肪酸です。
血液中の中性脂肪値やコレステロール値を低下させて血流をよくし、
抗血栓作用で動脈硬化の予防に役立ちます。
悪玉コレステロールを低下させ、善玉コレステロールを増加させる働きが注目されています。

DHAとはもともと脳の神経細胞に含まれる成分で、EPAと同じように中性脂肪を減少して
動脈硬化を防止するだけでなく、脳神経組織の発育や機能維持に役立つ、
「健脳食」と言われています。

低い水温のなかでも液状を保つ魚の脂肪は、固まりにくく、流動性があるので、魚よりずっと体温の高い人間にとってはよい脂質なのです。
ただし、酸化しやすいというのが欠点ですね。
酸化すると過酸化脂質となって、ガンなどの原因になるんです。
それでも、サバには、酸化を防いでくれるビタミンEが含まれていて安心です。
とはいえ、やっぱり新鮮なうちに食べるのが肝腎です。

ちなみに牛や豚の脂質(ヘッド、ラード)は常温では固まっており、飽和脂肪酸です。

白身魚は脂肪が少ないのですが、含まれるたんぱく質は同じくらいです。
良質のたんぱく質摂取を目的に、また身体にとってよい脂を摂るためにも、ぜひ青魚を食べましょうね。

実は、「嫁には食わすな」どころか、不育症の方にはぜひとも食べていただきたい食材なんです。
血栓予防というくらいですから、血栓ができやすいために妊娠が維持できない方には最適ではないでしょうか。
流産の経験があるなしにかかわらず、きっといい方向に働くはずです。
まさに、子宝に効くサカナじゃないでしょうか。

「サバを読む」という表現があります。
サバは大量に獲れ、かつ鮮度の低下が激しいので、漁師さんが数もろくに数えずに大急ぎで売りさばいたのが語源だそうです。
現代では、なぜか数というより、歳をごまかすときに使いますよね(^_^;)



では、漢方的に見ていきましょう。
性質は平、潤作用があります。
臓腑は、脾胃、心、腎に入ります。

東洋医学的な効能としては、
益気化湿、つまり気を高めて身体のなかの余分な水分を排泄します。
寧心補腎、腎の力を補い、気持ちを落ち着かせます。

体質としては、寒熱の偏りがありませんので、どなたにもOKです。
ただ、脂が多いため、普段から消化不良ぎみの方は食べ過ぎるとよくありません。
ですが、気力を高めてくれるので、食欲がなく、すぐに疲れてしまうというような虚弱体質の方にもよく、余分な水分を除いてくれるので、水分代謝が悪い方にもおすすめです。

血行促進の働きがあるので、慢性的な肩こりや頭痛、冷えなどにもいいでしょう。

サバは鮮度が命。新鮮ではないサバだと、アレルギー体質の方はじんましんが出たり、下痢や腹痛のモトになります。
寄生虫も注意が必要ですね! 火を通して食べるほうが安心です。

さて、サバの栄養を最大限に活かすためには、味噌煮が一番。
その際、少し酢を入れて調理すると、DHAをより効率よく摂取できるだけでなく、旨味も増しますよ。ぜひお試しを。
酸っぱい味にはなりませんので、ご安心ください。

また、どんな味噌でも合いますが、ごまを入れるというのはどうでしょう?
ゴマ味噌煮です。
煮汁が煮詰まってきたらすりゴマを投入するだけです。
ゴマの風味や香りが食欲をそそり、ご飯がすすみます!
色は若干悪くなりますが、黒ゴマを使えばより腎にいいですよね。

他にも、意外と洋風でもいけるんですよ。
唐揚げや、パスタの具にも。
塩サバでもOKです。
クリーム系のパスタにも案外合うんですよ~。
また、水煮缶を使ったカレーも、安上がりでヘルシー。
青背の魚はカレー粉との相性もバッチリです。

庶民にとって、もともと身近な存在だったサバ。
最近はちょっと人気が落ちてきているのかもしれません。
でも、血液サラサラ効果、血栓防止という観点からも、妊娠力アップに
抜群の効果が期待できますし、腎臓の働きを助けてくれるので、
それだけでも妊活中のみなさんにはオススメの食材ですよ。

おいしく食べて、妊娠力アップ!!

ぜひ、今夜の食卓にどうぞ♪

あなたの妊活を応援します!

a:8 t:1 y:0

コメント


認証コード6719

コメントは管理者の承認後に表示されます。