【妊娠力アップのためのライフスタイル】東洋医学との付き合い方



さて、妊娠力UPのためのライフスタイル。今回は東洋医学との付き合い方について!

東洋医学といっても鍼灸治療だけではありません。
鍼灸をはじめ漢方薬や気功など中国大陸を中心に発達したものからインドのヨガやアーユルヴェーダなど、アジア全体が含まれますが、現在の日本では国家資格が必要な柔道整復師、鍼灸師、薬剤師、等の行う行為が医療として広く認知されていると思います。

近年はこういった代替医療への理解が進み、西洋医学だけではカバーしきれない包括的な体質向上や予防医学としても人気が高まってきています。
ただ、柔道整復師や薬剤師が東洋医学なのか、と聞かれると、はなはだ疑問も多いのですが。

西洋医学は部位を、東洋医学は身体全体を診ると言われているように東洋医学では個々人の体質や弱点に注目して、そこを改善することによって身体の不調を改善していきます。

赤ちゃんを望む多くの方も、これらを利用して体質改善を図ったり
高度医療の補完の為に取り入れたりしていますね。
当院のゲストの方にも高度生殖医療を行いつつマッサージ治療を受けにいらっしゃっている方もいれば、西洋医学に抵抗を感じてて、当院での体質改善だけで妊娠を目指す方など様々です。

どのような形で妊娠を目指すかはもちろん個々の判断ですが、何を選択するべきか、
東洋医学って本当に効くのか?という点で迷われてる方も多いのではないでしょうか。

高度医療での治療に迷っている方にも、ある程度段階を進めていらっしゃる方にも、民間医術を利用される事はおススメです。

結果がでなかったら意味ないし・・・と短絡的に考えないでいただきたいと思います。
民間医術の良い点は身体全体をみるという点です。
鍼をしたり漢方薬を飲むというだけでなく、
専門家が見立てた自分自身の体質を知り、生活の中で改善していけるという事なのです。
これを「証立て(しょうだて)」と言いますが、様々な原因で起こっている身体の不具合を、自分の気付かない観点からアドバイスしてもらえるのです。

そしてもうひとつ東洋医学の良い点は、西洋医学と拮抗するものではなく
足りないところを補ってくれる存在だという点。
高度生殖医療を進められていてもそれの手助けとなってくれます。

ただ体質改善の要素が大きいですから、一度挑戦して、すぐに結果が出なかったからといって投げ出さないでくださいね。
半年はじっくりと取り組んで、身体の変化を感じてみてください。
もちろん、もっと早く結果の出る方は少なくないのですが。
妊娠を希望されている方にとって、半年という期間がどういうものなのか、我々もよくわかっていますが、正しい証立てと生活の改善で確実に身体は変わっていくので、急がば回れと、ゲストの方にはしっかりと取り組んでいただいているのです。

高度生殖医療を受けても、妊娠率は20~40代で2割程度なので、じっくりと身体を整えた方が結果が早いと思いますし。

正しい知識をもって自分で選択していく事で充実した妊活ライフをお過ごしください。
そして実りある将来をお祈りしています。

あなたの妊活を応援します!

a:5 t:1 y:0

コメント


認証コード9379

コメントは管理者の承認後に表示されます。