【季節の養生法】オリンピック編

真夏のお天気が続きますね~
気分は常夏という感じです。
でも実際は常夏よりも日本の方が暑いかもしれませんね(^^;)

そんな夏真っ盛りの今日この頃、たまに涼しい夜もありますが、
やっぱり暑くて寝苦しい夜が多いですよね。
みなさま、夜はちゃんと眠れていますか?

その上、今はちょうどオリンピックシーズンです。
なでしこも銀メダルでしたね(o^-‘)b
アメリカには敗れましたが、それでも銀メダルはすごいです。

まだまだ他の競技の選手にも、ぜひともがんばってほしいです。
ぜひとも、がんばってほしいです。

そんなこんなで、夜眠りたくても応援したい試合があって
なかなか眠れない人もいてるのではないでしょうか。

でも睡眠はとっても大事です。
特に妊活においては、特に大切なのです。

概日リズムというのはご存知でしょうか。
概日リズムとは大体24時間周期で変わる生理現象で、
動物や植物などほとんどの生物に存在しています。
いわゆる体内時計のようなものですね。

概日リズムはカラダの中でつくられるものですが、
光や温度、また食事などカラダの外からの刺激によって修正されます。

ホルモンの分泌やその他の多くの人のカラダの働きには
概日リズムがあります。

夜更かしによる不眠や、航空機などでの移動によって起こる
時差ぼけ(疲労や不眠など)、月経の異常などは、
この概日リズムの乱れによって起こります。

そういったことにならないためにも、毎朝日光を浴びることが大切です。
自然の恵み、陽の気をうけ、自然のエネルギーをたっぷりいただきましょう。

また、朝は東洋医学的に陰陽でいいうと陽の時間で、
陽気を吸収しやすい時間なので、”朝”というのもポイントですよ。

そうすることでメラトニンというホルモンの働きにより、
概日リズムがつくられます。

特に、夜10時から2時までのゴールデンタイムはお肌の代謝にはもちろん、
ホルモン分泌にも必要な時間です。
なので、お仕事で仕方のない人もいらっしゃいますが、
少しがんばって、できるだけこの時間に寝ることをおすすめしますd(^^*)

概日リズムがきちんとつくられると、ホルモンの状態も良くなるので、
妊娠力UPにつながります!

また、ホルモンや生殖機能は東洋医学的には
五臓六腑の中の腎臓(腎)と深く関係しています。

この腎臓を1番弱らせようとするには、寝ないことが1番なのです。

なので、良質の睡眠をとることは腎臓にとって
すごく効果的ですよ。

また東洋医学的に夜は陰の時間で、お昼間は陽の時間です。

なので、陽の時間であるお昼間は活動的に動き、
陰の時間である夜は休養して寝ることが、
自然に従った1番いい生活スタイルです。

そんな、自然にあった生活、早寝早起きをすることで
きっと生活の快適さは良くなるはずですよ。

また寝るだけでホルモンの働きによって
肥満予防にもつながります。

ぐっすり快眠妊活で、どんどん妊娠力アップしていきましょう!

コメント


認証コード6006

コメントは管理者の承認後に表示されます。