【身体を動かして妊娠力をアップする!】背中を鍛えながら股間節を緩めるポーズ

なんと、大して雨も降らないうちに、早くも北陸地方も梅雨明けしました。
湿気があってムシムシ暑い季節が余りなかったのは良い事ですが、これから水不足が心配です。8月半ば過ぎまでは暑さが続くと思います。猛暑の予想ですが、頑張って乗り切りましょう。

では、
今回の【身体を動かして妊娠力をアップする!】は、
背中を鍛えながら股関節を緩めるポーズです。

腹筋とは違い、
背中の筋肉は立っているだけで鍛えられていますが、
最近の私たちの生活は座っている事が多く、
背中も丸くなりがち。

そのせいで、胃腸の働きが悪くなり
消化が滞ってしまいがち。
その、胃腸の負担が背中の痛みとして
あらわれる事も多いです。

東洋医学でも、
臓腑の状態が背中に現れる!と言われていますので、
背中をスッキリさせておくことも
健康には大事!

今回は、背中の筋肉を意識しながら
股関節も緩めていくポーズです。

背中が丸くなり肩が前にねじれてくると、
その負担は腰にあらわれます。
腰の負担は、股関節に!

固くなりがちな股関節を緩めておくと、
腰痛にもなりにくくなりますよ。

妊活女子は、骨盤内の血流をよくしておく事が
大事です。

背中・腰・股関節。
意識して緩めておきましょう♪

では、今日のポーズです。
簡単ですので、
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

1、仰向けになって寝転びます。
2、足は肩幅に広げ両膝を立てます。
3、右足を左足にのせます。右足の甲を左足のモモの上に引っ掛けるかんじ。
4、そのまま、「よいしょ」とお尻を浮かせます。
5、両肩と左足で身体を支え、背中がまっすぐになるようにお尻を浮かせましょう。
6、右膝は、床に向けて下げるように意識しましょう。
7、右の股関節が伸びるのが感じられます。
8.このまま、30秒ほどキープ。呼吸は止めずに続けてください。
9、ゆっくり身体を降ろして、脱力しましょう。
次は、反対の足へ。
右膝を立てて、左足をのせます。左足の甲を、右足のモモに引っ掛けるようにのせましょう。
あとは、同じです。

股関節が痛くなる前に、予防の為にもこまめにケアして
おきましょうね。

コメント


認証コード7312

コメントは管理者の承認後に表示されます。