【男性不妊】東洋医学的な男性不妊の原因とは(3)

10月も半ばとなり、ここ数日は暖かいですが、冬の訪れが近いことを感じてしまいます。今年も大雪予想なのですが、ハズれてくれればいいのに、と思っています。

さて、これまで男性不妊としては、「精液清冷」「不射精」についてお伝えしましたが、今回は、「早泄(そうせつ)」についてお届けします。

「早泄」というのは、字を読むと
早く泄れる
と読めます。

つまり、平たく言うと早漏です。

性交前や性交早期に射精してしまい、
勃起が持続しないために正常な性交ができない症状をいいます。

原因としては、
腎気虚や肝経湿熱、心脾両虚ということがあります。

簡単に説明しますね。

まず、腎気虚というのは、
腎臓の元気が弱くなっているということです。
東洋医学的に腎臓というのは、
生命力や生殖能力を担当していますので
腎臓の元気が弱くなることで、精を納める力が弱くなり
「早泄」になるのです。

これは、性行為のしすぎなどで起こることもありますし
慢性的な睡眠不足や疲労などからもくることがあります。

次に、肝経湿熱というのは
慢性的なストレスなどにより経絡の中に湿熱が生まれ
気血のめぐりを担当している肝臓が弱り、
その経絡上にある陰器に影響し「早泄」がおこる
というものです。

そして、心脾両虚による「早泄」ですが
これは、過労や心労などにより
気血が不足してしまうことでおきます。

かなり簡単に説明しましたが、
これらが「早泄」になる原因です。

原因からわかるように
日常生活における疲労やストレスのケアというのが
「早泄」には大切です。

また、「早泄」に対する治療としては
基本的には腎や脾、心などの弱っている臓器を助け
湿熱がある場合は、これを取り除く
ということを行うことで
根本的な治療を行います。

また、ちまたでは色々な精力増強ドリンクやサプリメントがありますよね。

即効性もあるので利用されている方も多いと思いますが
その場その場では効果があっても
根本的な解決にはなっていませんし
何よりも、逆に弱っているところをさらに弱らせてしまう
という可能性も実はあります。

つまり負のスパイラルです。

そして、この「早泄」が慢性化すると
「陽萎」つまり、勃起障害に発展する可能性も
あります。

不妊治療をしていると
時には精力増強ドリンクやサプリメントを必要とする時もあります。

ですが、それらに頼るだけでなく
何が原因で「早泄」になっているのかを知り、
その原因に対するケアを行う
というのが、「早泄」の治療では非常に大切なんですよ(^^)

コメント


認証コード2725

コメントは管理者の承認後に表示されます。