【季節の養生法】冬に妊娠力を高める養生とは?!

11月も半ばを迎え、年末に向けて忙しくなってくる頃です。
忙しくなると、身体に隙ができて
そこから体調を崩しやすくなります。

こんな時こそ、しっかり休める時は休んで、
身体を大事にしていき、クリスマスやお正月を
楽しく過ごしましょう(o^^o)

冬至に近づくにつれて、
どんどん陰気(寒気)が極まっていきます。

十分温かくして、
家でもお出かけ先でも
冷えから身体を守りましょう。

妊活中ならいつでも
妊娠力は落とさずに過ごしたいですよね。

今日はそんなあなたのために
「冬に妊娠力を高める養生」をお伝えしていきます(^o^)

年末年始は不妊クリニックも長期のお休みに入るので、
妊活はちょっと休憩♪
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

いつもがんばり続けていても
肩に力が入ってしんどくなってしまいますから、
こんな時くらい休憩するのもありですよね!

でも、せっかく積み上げてきた妊娠力がガタ落ち~
なんて結果にならないように
リフレッシュタイムを堪能したいものです。

そのためにはどんなことに気を付けたらいいのか?
今日はそんな話をしたいと思います。

私たちの身体には、本来、
自分で病気を治す力が備わっています。

“自然に即した生活をする事”
これがもともと私たちのあるべき姿です。
そうなると、健やかな毎日を送る事ができます。

自然のサイクルとは逆に、
夜更かしや夜遅くまでの残業、
休日は昼夜逆転の生活、
すっと室内にいて日光を浴びない
運動不足で、寝不足続き、おまけにストレスで不眠、
食品添加物のたっぷり入った食事など、
今の社会では、これまでにはなかった
“自然ではない生活習慣”であふれています。

こんな生活習慣に浸ってしまっては、
自分自身で不妊の原因をつくっているようなものです。
まずは”自然ではない生活習慣”を
やめることから始めませんか?

もちろん、全部がんばる!
と無理をする必要はありません。
継続できなければ意味がないからです(*_*)

体質改善をするうえで何よりも大切なのは、
“継続”です。

それに東洋医学的に冬は無理をしてはいけない季節です。
「内に納める」季節なので、
動物のように冬眠まではいかなくても
“体力温存”を心がけましょうね(^^)

適度な運動は必要ですが、
激し過ぎる運動は体力を消耗するので、
控えめでお願いします。

温かくしてウォーキングくらいの有酸素運動が一番です。
ポカポカするくらいがいいですよ。
また、運動をして汗をかいたら
すぐさま拭いて、毛穴から陽気(身体を温める気)が
逃げないように気をつけましょう!
冷えの原因になりますよ。

それと同時に冬は身体を養う季節でもあるので、
栄養があるものをしっかり食べて
身体を養っていきましょう。
でも、食べ過ぎにはご注意を!
お鍋なんかは栄養満点で温まるので冬にぴったりですね♪

時期的にどうしても、
宴会や忘年会続きになってしまいますが、
できるだけ回数を減らしたり、
友達との忘年会はランチにしたりすることで
飲み過ぎも抑えられ、消化にかかる負担も軽減しますよ-!

そして、お酒を飲む時はできるだけ、
温かいものをいただきましょう。
冷たいビールは胃がびっくりして胃が弱るだけでなく、
お腹全体の冷えにつながりますよ。
ワインだったらポリフェノールも入っているので
飲む機会があったらおすすめです。
ちょっとずつ味わいながらいただきたいですね(^^)

お正月も親戚やお友達の方と会う機会も増え、
食べ過ぎ飲み過ぎになってしまう事もあるかもしれません。

そんな時に心強い味方がいます!
それは、”お粥”です。
梅干しや野菜、卵などいろんなレパートリーを増やしたら
お粥も飽きずに食べられるので、
胃腸の調子が回復するまでは
お茶漬けではなく、卵かけご飯でもなく
お粥がおすすめですよ(^_^)

何か特別なことを始めるよりも、
普段している生活習慣をを変えるだけで
効果が出ることも多いんです。

それだけ、身体は生活習慣の影響を
受けているということなんです!

なので、体質改善には
まず日々の習慣を変えてみることをおすすめします。
ぜひできることからチャレンジしてみてくださいね!

コメント


認証コード8795

コメントは管理者の承認後に表示されます。