不妊治療中に生理痛を感じたときの不安

不妊治療を始めてみて思うのは以前にも増して生理が来ることに対する恐怖感が自分が思っている以上にあるということ。

妊娠を意識していなかった時は、月一回の生理は面倒だなぁくらいの思いしかなかったのに、今では生理前の胸が張る、イライラするなどの感情起伏、腹部の重い感じがあるだけで気分が落ちてしまう。その後生理が来ると、悲しみがこみあげてくる。

生理痛がもともとひどい私にとって、生理中に痛みを感じることは妊娠もしていない、赤ちゃんがいないのになぜこんなに苦しまなければならないの…と答えのない自問自答を繰りかえすことばかり。

この苦しみを理解し支えてくれたのは夫です。夫は子供が好きで、誰よりも二人の子供を望んでいたから夫にとっても不妊治療はつらかったはずなのに私をすごく気遣ってくれた。

結局、3年間不妊治療を続けてようやく男の子を授かったけれど、このつらい3年間を乗り越えられたのは夫の存在がとても大きいです。不妊治療で悩んでいる方には終わりが見ず不安な事も多いけれど夫婦協力すれば希望が見えてくると信じて、頑張ってほしいなと思う。

コメント


認証コード7510

コメントは管理者の承認後に表示されます。