教えられたこと

私は去年から生理痛の治療を受けに産婦人科へ通っています。10代の頃はそれほど重い生理痛はなく、生活に支障が出てしまうようなこともなかったのですが、20代になってから急に生理痛が重くなって、ひどい時には寝込んでしまうほどになりました。なので、生理期間中は2日間くらい仕事を休んでしまうのですが、職場での理解が得られにくく、サボっていると陰口を叩かれてしまうことが多いため、思い切って病院で治療を受けることにしたのです。

病院で検査を受けてわかったのですが、私には子宮内膜症という病気がありました。この病気が直接的な原因となって死んでしまうようなことはないそうですが、重い生理痛が起こるだけでなく、ヘタをすると不妊症になってしまうこともあるので要注意なのだそうです。先生の話では、不妊治療で病院を受診する女性の中に、かなり高確率で子宮内膜症が見つかるそうです。それは、病巣から妊娠を阻害する物質が出てくるためなのだそうですが、生理痛の治療を受けておくことで、不妊治療を回避できると教えられました。

コメント


認証コード8973

コメントは管理者の承認後に表示されます。