生理痛などがない状態で受けた不妊治療

私の周りの友達の中には不妊治療をしていた友達が数名いました。その当時私はまだ結婚をしておらず、もし自分が結婚をして子どもを作ろうと思った時、同じように不妊症だったらどうしようと考えていました。そして自分自身が結婚をした時には年齢の事も考えると早く子どもが欲しいと思うようになりました。

友達から不妊治療に関する知識は沢山聞いていた為、自分自身で基礎体温などを計り、タイミングを考えて子作りをする事にしました。しかしタイミングがばっちりでも妊娠する事が出来ない状態だった為、もし不妊治療が必要な身体だった場合は早めに受診するようにしようと考えていた為、早めに産婦人科にて不妊治療を受けるようにしました。

私自身は昔から生理痛などもほとんどない状態だったのですが、子宮などの検査を一通り受けました。その後無事妊娠する事が出来、本当に安心した事を覚えています。不妊に関する検査を受けている間は先が見えない妊娠への道にとても不安を感じていました。

コメント


認証コード5238

コメントは管理者の承認後に表示されます。