治療費の支払いは、どうしたら良いのか?



交通事故にあったときの流れを説明していきます。

解りやすい説明をさせていただきます。実際、保険などの専門知識が必要なものは素人にはわかりにくいものです。これらの動画を見ておけば、ある程度の知識が備わります。

むち打ち症の治療を接骨院・整骨院などで受ける場合、その治療費の支払いはどのようにすれば良いのでしょうか?
保険を使用しない自由診療の場合と、健康保険を使用する場合と労災保険を使用する場合と、に分かれる、というのは、以前にもお話ししましたね。そして、その原因が加害者のいる事故なのか、自損事故なのか、によって変わって来ます。加害者のいる場合は、原則的には加害者側の任意保険(加害者が加入している場合)、あるいは自賠責保険を使って治療することが出来ます。この場合は、加害者である患者さんの負担はありませんので、自由診療を選択して、最高の治療を受けてください。

しかし、自損事故の場合は事情が異なります。もちろん、全て自己負担で自由診療を受ける事も可能ですが、保険を利用しようとする場合は、それが仕事中であれば、労災保険を使用できますが、そうでない場合は、健康保険を主に使用する事となります。

交通事故による怪我の場合(被害者の場合)、たいてい加害者側の任意保険会社が、一括して支払う事になりますので、治療機関には、その保険会社の連絡先を伝えて下さい。すると、治療機関の方で支払いについての手続きをしてくれます。また同時に、加害者側の任意保険会社に対しても、通院する医療機関名を連絡して下さい。保険会社によっては、治療機関を変更したり、治療機関の選択そのものに意見を言ってくることもありますが、どの治療機関で怪我の手当てを受けるのかを決めるのは、患者さん自身の権利ですから、何か言われたとしても、そこは毅然とした態度で臨みましょう。

ただし、医療費として認められるのは、医師免許を持つ医師がいる(病院や医院などの)医療機関や柔道整復師のいる接骨院、整骨院、等で、国家資格を持たない「整体師」や「カイロプラクター」による施術は、自賠責保険の支払いの対象にはなりませんので。

交通事故に遭ってしまって治療を受ける場合は、必ず窓口で次の4つの事項を伝えて下さい。
1.交通事故による怪我である事
2.仕事中の事故であれば、その旨
3.健康保険を使うのか、本人の自費で支払うのか、あるいは保険会社が支払うのか
4.保険会社が支払う場合、自賠責保険なのか、任意保険なのか

参照文献:
「むち打ち症を治すための8つの鍵」柳澤正和(一般社団法人 むち打ち治療協会 代表理事) 著

コメント


認証コード7728

コメントは管理者の承認後に表示されます。