[不妊治療] 冬の味覚-ニンジン

おはようございます。
院長の中村和仁です(^^)

まだまだ寒い日が続いています。昨日も一昨日も、雪がちらつきましたが、春ももうじきですね。

さて、今回もその冬の味覚についてです。ちょっと遅い気もしますが、身体にとって、良い食べ物が多いので、紹介します。

それでは、冬の野菜シリーズ第二弾、今日はニンジンを取り上げます。

ニンジンって一年中ありますから旬がわからなくなってしまいますが、
実は秋・冬の野菜です。緑黄色野菜の代表格ですね。

小学校で習ったカロチンもキャロットから来ているというくらい、ベータ・カロチンが多いのです。
このベータ・カロチン、身体の中でビタミンAに変化します。油溶性ビタミンですね。目の働きを助け、皮膚や粘膜を潤し、美肌効果があります。
特にニンジンの皮の部分に多く含まれますので、皮はむかずにいきましょう。
また、葉っぱにも非常に多いので、利用してみましょう。
なかなか葉付きのものは売っていませんが、見かけたら一度試してください。カルシウムや鉄分も豊富なんですよ。

ただし、油溶性なので、生食で食べるよりも、油で炒めたり、煮るときに油を加えると吸収率がアップします。
逆に、酢はせっかくのカロチンを破壊しますので、注意しましょう。



お正月の頃に出回る金時人参は、普通の西洋人参とは色合いが違います。
あの色はリコピンという色素で、抗ガン作用があると言われています。
もともと人参の原産はインドなのですが、日本には、16世紀頃に南方経由で伝わってきたと言われています。
今出回っている西洋系のものはもっと後世になってからイラン経由で
ヨーロッパに伝わったものです。

このベータ・カロチン、女性にとって嬉しい成分がいっぱいです。
抗酸化作用、老化防止作用です。
ダイエットのためには「油抜き」をせず、取り入れていただきたいものですね。
生食する場合は、血糖値を下げる作用があるとのことです。
不妊症で血糖の数値が高い方は少しずつ生で常食するといいですね。
血圧が高い方も生ジュースを飲まれるといいそうです。

実際食べてみると甘い味がしますが、漢方的にみると「甘」と「辛」の両方です。ちょっとクセがあるので苦手な方もいらっしゃいますよね。
臓腑でいうと肺、脾、肝に入ります。

効能は、健脾化滞といって、胃腸の働きを活発にし、食べ物の停滞を除きます。気のめぐりもよくする働きがあります。

いわゆる鳥目や、ドライアイ、目を酷使して疲れている方は、人参の炒め物を積極的に食べるようにしましょう。
レバーと一緒に調理すると、より効果的です。
でも、なますなどの酢の物にすると効果がなくなりますので、おすすめはできません。

あなたの妊活を応援します!

ここまで読まれて、
少しでも加賀整骨院で不妊治療を受けてみたいと思われた方、
私たちキャスト一同はそんなあなたを
いつでも温かくお迎えいたします。

『お子さんを授かりたい』という
ステキな夢の実現に向けて
頑張っておられる方の
お役に立ちたいと強く思っています。

今、このサイトにたどり着き、
この記事を読んでいただいていることにも
何か意味があると思いませんか?

あなたが今、この文章を読んでくださっていることも
きっと何かのご縁です。

加賀整骨院は全国でもほとんどない不妊治療専門整骨院で
未妊治療に専念していますので、
未妊の知識が深いこと、
未妊治療で経験が豊富なことからも
その効果ももちろん現れています。

また、現在では卵子の質を高める病院での治療は存在しません。

そういった事実もふまえて
『卵子の老化を予防すること』は
これからお子さんを授かりたいと願う方にとって
とても大事なことです。

私達の行う治療ではその『卵子の質の低下』を
予防することができるのです。

せっかくの機会です。
お子さんを授かるための近道に一歩前進してみませんか?

ぜひ、妊娠しやすいお身体づくりのための
お手伝いをさせてください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

●あなたの不妊が東洋医学的に診てどのような不妊なのか
 無料でチェックが出来ます。

 こちらからどうぞ↓

http://www.firstchecker.jp/dx/form/933/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

a:47 t:1 y:0

コメント


認証コード0114

コメントは管理者の承認後に表示されます。