[不妊治療] 春の味覚-アスパラガス

おはようございます。
院長の中村和仁です(^^)

すっかり梅雨ですね。
実は、今日はメルマガを二種類送ります。

以前書いてあったのに、送信してないものです。
「春の味覚」なので、また来年になってしまうので、ちょっと遅いのですが。

さて、今日はユリ科の植物、アスパラガスです。
原産は地中海、日本には江戸時代に入ってきましたが、鑑賞用でした。
食用になったのは明治時代で、最初はホワイト・アスパラガスでした。
今ではメジャーになったグリーン・アスパラガスは昭和40年代以降です。
意外と新顔な野菜ですね。

遮光栽培したものが白アスパラで、ヨーロッパでは春を告げる味覚として
たいへん珍重されているそうですよ。

名前のもとになっているのが栄養素のアスパラギン酸。
アミノ酸の一種で、新陳代謝を活性化し、たんぱく質合成を高めます。
滋養強壮、疲労回復に効果があります。

カロチン(ビタミンA)やビタミンC、Eも多く、抗酸化作用、つまり老化防止や美容にもいいものです。
穂先にはルチンという成分があり、これは血管を丈夫にして、高血圧や動脈硬化の予防になります。

そして、貧血の方にはうれしい葉酸が豊富に含まれていますので、
不妊治療中のみなさんや妊婦さんにもぜひおすすめしたい食材です。
野菜のなかで最も葉酸の含有率が高いそうですよ。

といってアスパラをたくさん食べるとおしっこが臭くなることがあります。
これは体質にもよりますが、女性よりも男性に多い傾向だと言われております。
これはアスパラにふくまれる代謝物質のせいですが、健康に害はありませんのでご安心ください。

それでは、漢方的に見ていきましょう。
性質は温性、潤作用があります。臓腑では肝、心に入ります。
五味では苦・辛味です。
東洋医学的な効能は、止咳、つまりセキを止めます。
生津止渇、つまり唾液などの分泌を促し、のどの渇きを止めます。
痒みを止める作用もありますね。

体質的には、万能選手です。
もちろん食べすぎはよくありませんが、どのような体質の方にもOKです。

西洋・東洋を問わず優れもののアスパラ。
調理が簡単で火も通りやすく、彩りもきれいですから、
これからの季節もっともっと摂り入れていきたいですね。
サラダやパスタが定番ですが、炒め物や、お肉で巻いて焼いたり、
てんぷらなどの揚げ物にもいいですよ。
和風であれば、ごま和えや焼き浸しがとってもおいしいです。

選ぶときは、穂先が開いてないものにしましょう。
根元の部分は硬いので、切り取ってくださいね。
水分が多い野菜ですから、保管するときはシナシナにならないよう、
ラップなどにくるんでおくほうがいいですよ。

色や姿は個性的だけど、クセがなくて何にでも合う万能野菜。
栄養価もバツグンです。美味しくいただきましょう!

あなたの妊活を応援します!

ここまで読まれて、
少しでも加賀整骨院で不妊治療を受けてみたいと思われた方、
私たちキャスト一同はそんなあなたを
いつでも温かくお迎えいたします。

『お子さんを授かりたい』という
ステキな夢の実現に向けて
頑張っておられる方の
お役に立ちたいと強く思っています。

今、このサイトにたどり着き、
この記事を読んでいただいていることにも
何か意味があると思いませんか?

あなたが今、この文章を読んでくださっていることも
きっと何かのご縁です。

加賀整骨院は全国でもほとんどない不妊治療専門整骨院で
未妊治療に専念していますので、
未妊の知識が深いこと、
未妊治療で経験が豊富なことからも
その効果ももちろん現れています。

また、現在では卵子の質を高める病院での治療は存在しません。

そういった事実もふまえて
『卵子の老化を予防すること』は
これからお子さんを授かりたいと願う方にとって
とても大事なことです。

私達の行う治療ではその『卵子の質の低下』を
予防することができるのです。

せっかくの機会です。
お子さんを授かるための近道に一歩前進してみませんか?

ぜひ、妊娠しやすいお身体づくりのための
お手伝いをさせてください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

●あなたの不妊が東洋医学的に診てどのような不妊なのか
 無料でチェックが出来ます。

 こちらからどうぞ↓

http://www.firstchecker.jp/dx/form/933/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

a:15 t:1 y:0

コメント


認証コード9710

コメントは管理者の承認後に表示されます。